予防接種

#

ワクチン接種

VACCINATION

ウイルスや細菌による伝染病を防ぐための大切な予防接種です。
伝染病にかかった場合の治療は困難であり、また『レプトスピラ感染症』は人にも感染すると言われる恐ろしい伝染病です。
ワクチンを接種することによって、これらの感染症に対する免疫をつけることができます。
毎年1回のワクチン接種で大切なペットたちを守りましょう。

当院で打つことのできるワクチン

・・・ 6種混合ワクチン、10種混合ワクチン

・・・ 3種混合ワクチン

フェレット

・・・ 2種混合ワクチン(犬用) 

#

子犬へのワクチン接種

子犬は母犬の初乳を飲むことで免疫をもらっています。
母犬の免疫が体内に残っている間にワクチン接種を行っても充分な免疫を得ることができないので、母犬の免疫がなくなると言われている生後1ヶ月半~2ヶ月頃に1回目のワクチン接種を行い、4週間ほど間をあけ2回目、3回目と計3回ワクチン接種を行ってあげてく ださい。 それ以降は、毎年1回の接種となります。 

成犬の初めてのワクチン接種

ワクチン接種が初めての場合、1回目のワクチン接種を行い4週間ほど間をあけ2回目のワクチン接種を行ってあげてください。 それ以降は、毎年1回の接種となります。 

ワクチン接種の注意点

当日、体調が良い時に来てあげてください。
また、稀にワクチン接種によるアナフィラキシーショックや、数時間後~アレルギーの反応が出る子がいるので出来れば午後も診察している日(平日・土曜日)を選び、午前中にご来院していただく事をお勧めします。
ワクチン接種後は15分程院内で様子を見ていただき、帰宅後も激しい運動や、シャンプーは避け安静に過ごしてあげてください。 

#

狂犬病

RABIES

狂犬病は犬だけではなく、人を含むすべての哺乳類に感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)です。 発症すると治療法もなく死亡率は100%の恐ろしい感染症です。

日本では、生後91日以上の犬は飼い犬の登録と年1回の狂犬病予防注射が法律で義務付けられています。
​​​​​​​1975年以後患者の発症は日本では見られませんが、近隣諸国では狂犬病は蔓延しており、いつ日本に侵入し てくるかわかりません。万一のことも考え、ワクチン接種を行ってください。

※寝屋川市以外の方は、狂犬病ワクチン注射と予防注射済シールの交付をさせていただきます。
予防注射済証をお渡ししますので、お手数ですが飼い主様ご自身でお住まいの市役所又は保健所にて手続きを行い、注射済票の交付をしていただきます様よろしくお願い致します。 

#
#

フィラリア

FILARIA

フィラリア症とは、蚊に刺されることによって体内にフィラリア原虫の仔虫が入り、そのまま体内で成長を続け心臓に寄生してしまうという病気です。 

フィラリア予防薬とは

 フィラリア予防薬とは、『フィラリアを寄せ付けない、かからない薬』ではなく駆虫薬になります。
体内に入ってしまった仔虫を薬を飲むことで駆虫してくれます。
なので推奨されている期間、最後まで忘れずに飲ませてあげてください。
​​​​​​​ 時期はおよそ4月〜12月までとなります。 

#

フィラリア予防薬とは

・ミルベマイシンA
・イベルメック
・インターセプター
・ネクスガードスペクトラ  

なお、フィラリア症にかかっていないか事前に血液検査を行ってからの処方となります。
一緒に血液検査による健康診断も可能ですのでお気軽にお申し付けください。 

#

ノミ・ダニ

FLEA/MITES

  ノミやダニは家にも存在する寄生虫で、皮膚に付着し吸血することによって様々な症状を引き起こします。
痒みによる皮膚疾患や多量寄生による吸血からの貧血症状、寄生虫が寄生しているノミを経口摂取することによる病気の発症などがあります。

人にも移る病気があり、最悪の場合死に至ることもあります。
愛犬・愛猫ちゃんのためにも、ノミダニ予防のご検討よろしくお願いします。 

#

当院で取り扱っている商品

・マイフリガードα(犬・猫)
・ブラベクト(犬・猫)
・ネクスガードスペクトラ(犬;同時にフィラリア症予防も可能です)

商品の詳細や、その他ご不明な点がございましたら気軽にご相談ください。